スポンサーリンク
.2021決算企業紹介03月決算小売業

【住宅設備機器の販売/施工】 7695 交換できるくん

https://www.dekirukun.co.jp/co/

企業HP
スポンサーリンク

会社概要

はじめに、会社の概要や事業内容を紹介!!

住宅設備機器の本体と工事をセット販売。Webで見積もり、注文できる手軽さと低価格に強み。

業種名    小売業

設立年    2004.1

時価総額   122億円

市場     東証マザーズ

従業員数   <21.3> 74名(36.1歳)

事業内容

注目ポイント

・事業の内容は、ネット受注による住宅設備機器の交換

引用元:交換できるくん決算説明資料(2021)



・リフォーム事業のうち住宅設備機器が約半数を占める



・マーケットリーダー不在のチェンジ領域を狙う



・WEB見積もりから施工までを一気通貫で提供



・AIにより生産の向上を狙う

住宅設備機器の販売/施行が事業の全て。

業績 (単位:百万円)

業績や損益の中身をチェック!!

売上/利益ともに好調。

PL:損益計算書

引用元:交換できるくん決算短信(2021)

・営業利益率4.0%⇒5.4%に向上

財務 (単位:百万円)

資産や負債など財務状況をチェック!!

総資産     1,520

自己資本    788

自己資本比率  51.8%

資本金     260

利益剰余金(過去の利益貯蓄等)  347

有利子負債  158

自己資本比率/有利子負債ともに問題ないレベル。

B/S:連結貸借対照表(単位:百万円)

・総資産 6億7千万増加

資産の部

引用元:交換できるくん決算短信(2021)

・現預金の増加大きく、流動資産 6億3千万増加

負債・純資産の部

引用元:交換できるくん決算短信(2021)

・流動負債/固定負債ともに増加し、負債合計 1億6千万増加
・新株の発行により、資本金/資本剰余金 各1億4千万増加
利益剰余金 2億増加

CF:キャッシュフロー(単位:百万円)

引用元:交換できるくん決算短信(2021)

・投資CFは少額

各種データ

株価や各種指標をチェック!!
(記事投稿時の数値を掲載しています。)

株価(直近2年)

引用元:Yahoo!ファイナンス

各種指標

PER(株価/1株当たりの純利益)    44.7倍

PBR(株価/1株当たりの自己資本)   12.4倍

配当利回り      ー%

ROE (自己資本当期純利益率:10%以上で優良)   38.2%

ROA (総資産経常利益率:6%以上で優良)    21.5%

業種平均

引用元:https://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/misc/04.html

・株価は上場時と同程度
・稼ぐ能力高く、PBRは平均より高い

有望企業たる所以(ゆえん)

最後に私が思う有望な点を紹介!!

住宅設備機器をネット見積もりから取り付けまで一気通貫で行えるため、認知度にともない利用者数増加すると考えらえる。

まとめ

【概要】
住宅設備機器の販売/施行が事業の全て。

【業績】
売上/利益ともに好調。

《PL:損益計算書》
・営業利益率4.0%⇒5.4%に向上

【財務】
自己資本比率/有利子負債ともに問題ないレベル。

《B/S:賃借対照表》
・総資産 6億7千万増加

《CF:キャッシュフロー》
・投資CFは少額

【各種データ】
・株価は上場時と同程度
・稼ぐ能力高く、PBRは平均より高い


【有望企業たる所以(ゆえん)】
住宅設備機器をネット見積もりから取り付けまで一気通貫で行えるため、認知度にともない利用者数増加すると考えらえる。

コメント