スポンサーリンク
.2020企業紹介 03月 イチオシ 情報・通信業

【独立系ソフトウェア】 9687 KSK

https://www.ksk.co.jp/

企業HP
現在の当社を取り巻く環境は、IoTやAI、5G等の急速な技術革新によりその変革のスピードが加速するとともに、ITを活用する時代からITがビジネスを牽引する時代へと、その全体像が大きく変容しつつあります。この様な環境変化の中、当社ではお客様の新たな技術的ニーズにお応えすべく社内の教育研修機関である「KSKカレッジ」の体制・機能を一層充実させ、一人ひとりの社員の技術力と人間力の更なる向上に注力しております。
スポンサーリンク

会社概要

はじめに、会社の概要や事業内容を紹介!!

独立系ソフトウェアの中堅。NECグループ依存度は2割。ネットワークサービスの比重拡大。健康経営銘柄に2年連続選出。

業種名    情報・通信業

設立年    1974.5

時価総額   163億円

市場     東証JASDAQ

従業員数   連2,075名 単1,519名(34.7歳)

平均年収   504万円

事業内容

注目ポイント

・売上構成は、NECが20%を占めており最多



・システムコア事業は、車載分野を中心にAI/IoTの開発を担う



・ITソリューション事業は、製造業等のソフトウェアやシステム開発を担う



・ネットワークサービス事業は、DX化を担う

引用元:KSK決算説明資料(2020)

ネットワーク事業が56%を占め柱。DX化など時代の流れにあった開発が主。

業績 (単位:百万円)

業績や損益の中身をチェック!!

売上/利益ともに好調。

PL:損益計算書

引用元:KSK決算短信(2020)

・売上増加により、営業利益率8.3%⇒9.3%に増加

財務 (単位:百万円)

資産や負債など財務状況をチェック!!

総資産     15,550

自己資本    11,444

自己資本比率  72.8%

資本金     1,448

利益剰余金(過去の利益貯蓄等)  9,079

有利子負債  0

自己資本比率高く、有利子負債ないため健全な企業と言える。

B/S:連結貸借対照表(単位:百万円)

・総資産 2億8千万増加

資産の部

引用元:KSK決算短信(2020)

・現預金の増加大きく、流動資産 6億増加

負債・純資産の部

引用元:KSK決算短信(2020)

・流動負債の減少大きく、負債合計 3億2千万減少
・利益剰余金 5億2千万増加

CF:キャッシュフロー(単位:百万円)

引用元:KSK決算短信(2020)

・投資CFは、投資有価証券の取得が主

各種データ

株価や各種指標をチェック!!
(記事投稿時の数値を掲載しています。)

株価(直近2年)

引用元:Yahoo!ファイナンス

各種指標

PER(株価/1株当たりの純利益)    12.9倍

PBR(株価/1株当たりの自己資本)   1.23倍

ROE (自己資本当期純利益率:10%以上で優良)   9.8%

ROA (総資産当期純利益率:6%以上で優良)    7.0%

配当利回り      2.35%

業種平均

引用元:https://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/misc/04.html

・株価は2年前から10%程度上昇
・稼ぐ能力高いが、PER/PBRは平均より低い

有望企業たる所以(ゆえん)

最後に私が思う有望な点を紹介!!

コロナ禍においても業績好調。NECやNTTを顧客にもっており、デジタル時代において安定した収益を確保できると考えられる。

まとめ

【概要】
ネットワーク事業が56%を占め柱。DX化など時代の流れにあった開発が主。

【業績】
売上/利益ともに好調。

《PL:損益計算書》
・売上増加により、営業利益率8.3%⇒9.3%に増加

【財務】
自己資本比率高く、有利子負債ないため健全な企業と言える。

《B/S:賃借対照表》
・総資産 2億8千万増加

《CF:キャッシュフロー》
・投資CFは、投資有価証券の取得が主

【各種データ】
・株価は2年前から10%程度上昇
・稼ぐ能力高いが、PER/PBRは平均より低い


【有望企業たる所以(ゆえん)】
コロナ禍においても業績好調。NECやNTTを顧客にもっており、デジタル時代において安定した収益を確保できると考えられる。

コメント