スポンサーリンク
.2020決算企業紹介03月決算機械

【空気清浄器】 6298 ワイエイシイホールディングス

https://www.yac.co.jp/

企業HP
当社グループは、1973年の創業以来、産業用の自動機の製造・販売を中心に事業を展開しております。積極的なM&Aの展開より、現在では①液晶・有機EL、②半導体、③医療・介護、④LED、⑤電力、⑥ハードディスク、⑦太陽電池、⑧クリーニングと、8つの業界に渡って事業領域を広げてまいりました。
第4次産業革命の流れの中、社会が大きく変わろうとしています。AI、IoT、ロボット、ビッグデータと5G通信技術の融合による新しいサービスが次々と生まれると言われております。当社グループはこれまで培ってきた半導体分野を中心とした産業用自動機製造のノウハウを生かし、時代の変化に対応した新製品の開発、市場化に努めてまいります。
スポンサーリンク

会社概要

はじめに、会社の概要や事業内容を紹介!!

各種自動化機器の中堅。メモリーディスク関連・液晶関連装置が主力。自社開発の空気清浄器にコロナウイルス殺菌効果があることを確認。

業種名    機械

設立年    1973.5

時価総額   77億円

市場     東証1部

従業員数   連886名 単23名(46.2歳)

平均年収   594万円

事業内容

注目ポイント

・4つの事業領域で主に装置を開発



・車載、医療、IoT関連等で需要拡大傾向



・空気清浄器「LUEEZE」においてコロナウイルスの不活性化実証

引用元:ワイエイシイホールディングス決算説明資料



・子会社ワイエイシイダステックがウイルスゲートキーパーを研究開発

引用元:http://yacdastech.co.jp/topics/?p=106

メカトロニクス、電子機器関連の売上比率高い。装置系の開発に強みあり。

業績 (単位:百万円)

業績や損益の中身をチェック!!

コロナの影響により、18年期ぶりの赤字転落。

PL:損益計算書

引用元:ワイエイシイホールディングス決算短信

・売上減少に伴い、営業利益率5.1%⇒-1.6%に減少

財務 (単位:百万円)

資産や負債など財務状況をチェック!!

総資産     39,511

自己資本    14,011

自己資本比率  35.5%

資本金     2,801

利益剰余金(過去の利益貯蓄等)  8,479

有利子負債  15,801

自己資本比率低く、有利子負債多いため改善が必要。

B/S:連結貸借対照表(単位:百万円)

・総資産 25億減少

資産の部

引用元:ワイエイシイホールディングス決算短信

・流動資産 23億減少

負債・純資産の部

引用元:ワイエイシイホールディングス決算短信

・固定負債の減少大きく、負債合計 13億減少
・利益剰余金 11億減少

CF:キャッシュフロー(単位:百万円)

引用元:ワイエイシイホールディングス決算短信

・投資CFは有形固定資産の取得が主
・長期借入金は2年連続増加

各種データ

株価や各種指標をチェック!!
(記事投稿時の数値を掲載しています。)

株価(直近2年)

引用元:Yahoo!ファイナンス

各種指標

PER(株価/1株当たりの純利益)    ー倍

PBR(株価/1株当たりの自己資本)   0.71倍

ROE (自己資本経常利益率:10%以上で優良)   -6.7%

ROA (総資産当期利益率:6%以上で優良)    -2.4%

配当利回り      1.84%

業種平均

引用元:https://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/misc/04.html

株価は2年前から1.5倍以上。赤字のため指標悪い。

有望企業たる所以(ゆえん)

最後に私が思う有望な点を紹介!!

コロナウイルス関連で有効な装置を展開しており、今後の需要増加に期待。

まとめ

【概要】
メカトロニクス、電子機器関連の売上比率高い。装置系の開発に強みあり。

【業績】
コロナの影響により、18年期ぶりの赤字転落。

《PL:損益計算書》
・売上減少に伴い、営業利益率5.1%⇒-1.6%に減少

【財務】
自己資本比率低く、有利子負債多いため改善が必要。

《B/S:賃借対照表》
・総資産 25億減少

《CF:キャッシュフロー》
・投資CFは有形固定資産の取得が主
・長期借入金は2年連続増加


【各種データ】
株価は2年前から1.5倍以上。赤字のため指標悪い。

【有望企業たる所以(ゆえん)】
コロナウイルス関連で有効な装置を展開しており、今後の需要増加に期待。

コメント