スポンサーリンク
.2021決算企業紹介.時価総額300億以下09月決算非鉄金属

【貴金属回収/精錬】 5724 アサカ理研

https://www.asaka.co.jp/

企業HP
当社は最先端の再生・回収技術でプリント配線基板から塩化第二鉄液や銅、都市鉱山から有価金属を回収するなど、環境事業、貴金属事業を行ってきました。当社の主要回収元素である金(ゴールド)は投資や宝飾用以外に、工業用製品・家電にも多用されています。廃棄される家電等に含まれる有価金属資源を一つの鉱山に見立て「都市鉱山」と呼ばれていますが、廃棄物が発生することで地球環境負荷が大きくなることから、当社のビジネスモデルは環境保護、資源の有効活用は持続可能な社会を実現すること、SDGs達成に貢献するものと自負しています。
スポンサーリンク

会社概要

はじめに、会社の概要や事業内容を紹介!!

独自技術使った電子部品からの貴金属回収、精錬等が柱。リチウムイオン電池からの金属回収事業に参入。使用済み電池から有用な金属の大半を回収する独自処理設備を22年に稼働予定。

業種名    非鉄金属

設立年    1969.8

時価総額   62億円

市場     JASDAQ

従業員   <21.9>連176名 単164名(40.5歳)

事業内容

注目ポイント

・2013年からレアメタル事業に参入し、2019年よりリチウムイオン電池からの回収に挑戦

引用元:アサカ理研決算説明資料(2020)



・LiBリサイクル事業は、強みを生かしたビジネスモデルを計画



・リチウムイオン電池市場の拡大や強度研究開発契約により成長を狙う

引用元:アサカ理研事業説明資料(2021)



・東邦亜鉛との提携により、強みや課題を克服



・LiB再生事業における開発に遅れあり



・LiB再生事業では、xEV生産台数の増加に伴いLiBのリサイクル量も増加する計画

レアメタル事業が柱。LiBからのレアメタル回収に参入し事業拡大を狙う。

業績 (単位:百万円)

業績や損益の中身をチェック!!

売上/利益ともに増加。

PL:損益計算書

引用元:アサカ理研決算短信(2021)

・売上原価率の減少により、営業利益率1.1%⇒5.2%に向上

財務 (単位:百万円)

資産や負債など財務状況をチェック!!

総資産     7,124

自己資本    3,537

自己資本比率  49.4%

資本金     504

利益剰余金(過去の利益貯蓄等)  2,616

有利子負債  2,199

自己資本比率/有利子負債ともに問題ないレベル。

B/S:連結貸借対照表(単位:百万円)

引用元:アサカ理研決算短信(2021)

・総資産 2億1千万増加

【資産の部】
・有形固定資産 1億減少
・投資その他資産 2億4千万増加

【負債の部】
・流動負債の減少大きく、負債合計 2億1千万減少

【純資産の部】
・利益剰余金 3億7千万増加

CF:キャッシュフロー(単位:百万円)

引用元:アサカ理研決算短信(2021)

・投資CFは、有形固定資産の取得が主

各種データ

株価や各種指標をチェック!!
(記事投稿時の数値を掲載しています。)

株価(直近2年)

引用元:Yahoo!ファイナンス

各種指標

PER(株価/1株当たりの純利益)    20.0倍

PBR(株価/1株当たりの自己資本)   2.14倍

配当利回り      0.53%

ROE (自己資本経常利益率:10%以上で優良)   11.4%

ROA (総資産当期利益率:6%以上で優良)    6.3%

業種平均

引用元:https://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/misc/04.html

・株価は2年前から約3.3倍上昇
・稼ぐ能力高いが、PBRは平均より高い

有望企業たる所以(ゆえん)

最後に私が思う有望な点を紹介!!

レアメタルの価格が海外情勢に大きく左右されるため、リサイクル需要はかなり高いと言える。EVでLiBの流通が増加するため、事業が軌道に乗れば大きな増益が狙える。

まとめ

【概要】
レアメタル事業が柱。LiBからのレアメタル回収に参入し事業拡大を狙う。

【業績】
売上/利益ともに増加。

《PL:損益計算書》
・売上原価率の減少により、営業利益率1.1%⇒5.2%に向上

【財務】
自己資本比率/有利子負債ともに問題ないレベル。

《B/S:賃借対照表》
・総資産 2億1千万増加

《CF:キャッシュフロー》
・投資CFは有形固定資産の取得が主

【各種データ】
・株価は2年前から約3.3倍上昇
・稼ぐ能力高いが、PBRは平均より高い


【有望企業たる所以(ゆえん)】
レアメタルの価格が海外情勢に大きく左右されるため、リサイクル需要はかなり高いと言える。EVでLiBの流通が増加するため、事業が軌道に乗れば大きな増益が狙える。

コメント