スポンサーリンク
.2021決算企業紹介.時価総額300億以下05月決算電気機器

【EV用モーター/インバーター】 6505 東洋電機製造

https://www.toyodenki.co.jp/

企業HP
当社は創立100周年を機に、あらためて当社グループの経営資源を見つめ直し、2020年を直近のターゲットとした4年間の中期経営計画「リ・バイタライズ2020」を策定しました。この計画の前半の2年間(2019年5月期~2020年5月期)は足元をより強く固めて、一層の経営基盤の強化をはかる期間に充て、後半の2年間(2021年5月期~2022年5月期)は発展を遂げる期間とし、海外を含めて事業を戦略的に展開していくことに注力していきます。この計画のもと、“稼ぐ力”を高め、利益を安定して生み出す“筋肉質な”事業運営体制を確立すべく、新たな歩みを進めていきます。
スポンサーリンク

会社概要

はじめに、会社の概要や事業内容を紹介!!

電車用駆動装置・パンタグラフの製造大手。永久磁石モーターに強み。EV用モーター・インバータにも注力しており、走行中にワイヤレス給電を可能にするインホイールモーターを開発。実証実験は25年ごろを予定。

業種名    電気機器

設立年    1918.6

時価総額   111億円

市場     東証1部

従業員数   <21.5>連1,217名 単847名(41.7歳)[年]551万円

事業内容

・海外比率減少

注目ポイント

・交通事業は受注減により売上/利益ともに減少

引用元:東洋電機製造決算説明資料(2021)



・産業事業では、受注減により売上/利益減少



・情報機器事業では、受注減により売上/利益減少



・産業事業では、試験用の大型シャシダイナモの代替として小型ダイナモを提案

事業の柱は電車等の交通インフラ用装置だが、車用装置の開発にも注力。

業績 (単位:百万円)

業績や損益の中身をチェック!!

売上/利益ともに減少。

PL:損益計算書

引用元:東洋電機製造決算短信(2021)

・売上原価率減少したが販管費率増加し、営業利益率2.7%⇒1.3%に低下

財務 (単位:百万円)

資産や負債など財務状況をチェック!!

総資産     51,967

自己資本    24,008

自己資本比率  46.2%

資本金     4,998

利益剰余金(過去の利益貯蓄等)  12,320

有利子負債  13,844

有利子負債多いため改善が必要。

B/S:連結貸借対照表(単位:百万円)

引用元:東洋電機製造決算短信(2021)

・総資産32億減少したが、負債の減少が主

【資産の部】
・流動資産 10億減少

・投資有価証券 16億減少

【負債の部】
・流動負債/固定負債ともに減少し、負債合計 30億減少

【純資産の部】
・利益剰余金 7億増加

CF:キャッシュフロー(単位:百万円)

引用元:東洋電機製造決算短信(2021)

・投資CFは、有形固定資産の取得/投資有価証券の売却が主

各種データ

株価や各種指標をチェック!!
(記事投稿時の数値を掲載しています。)

株価(直近2年)

引用元:Yahoo!ファイナンス

各種指標

PER(株価/1株当たりの純利益)    9.48倍

PBR(株価/1株当たりの自己資本)   0.39倍

配当利回り      2.89%

ROE (自己資本当期純利益率:10%以上で優良)   4.1%

ROA (総資産経常利益率:6%以上で優良)    1.4%

業種平均

引用元:https://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/misc/04.html

・株価は2年前から約30%低下
・稼ぐ能力低く、PER/PBR共に平均より低い

有望企業たる所以(ゆえん)

最後に私が思う有望な点を紹介!!

今後EVの増加が見込まれる中、モーターに強みを持つ企業は強いと言える。MaaS(Mobility as a Service)の発展が望まれる中、走行中の充電を可能にするインホイールモーターが実現すれば、大きな武器になる。

まとめ

【概要】
事業の柱は電車等の交通インフラ用装置だが、車用装置の開発にも注力。

【業績】
売上/利益ともに減少。

《PL:損益計算書》
・売上原価率減少したが販管費率増加し、営業利益率2.7%⇒1.3%に低下

【財務】
有利子負債多いため改善が必要。

《B/S:賃借対照表》
・総資産32億減少したが、負債の減少が主

《CF:キャッシュフロー》
・投資CFは、有形固定資産の取得/投資有価証券の売却が主

【各種データ】
・株価は2年前から約30%低下
・稼ぐ能力低く、PER/PBR共に平均より低い


【有望企業たる所以(ゆえん)】
今後EVの増加が見込まれる中、モーターに強みを持つ企業は強いと言える。MaaS(Mobility as a Service)の発展が望まれる中、走行中の充電を可能にするインホイールモーターが実現すれば、大きな武器になる。

コメント