スポンサーリンク
.2020企業紹介 03月 情報・通信業

【フィリピンのIT人材活用】3937 UBICOMホールディングス

https://www.ubicom-hd.com/

企業HP
当社は、時代の先を見据え、社会課題の解決に資するITソリューションを創造する、唯一無二のビジネスイノベーションカンパニーであり続けることを経営理念に、これまで、日本のIT人材不足やDX(デジタルトランスフォーメーション)推進に資する「グローバル事業」と、病院やクリニック等の医療機関の経営改善や、医療全体の最適化に資する「メディカル事業」の二本柱で展開してまいりました。
スポンサーリンク

会社概要

はじめに、会社の概要や事業内容を紹介!!

グローバル事業は、ソフトウェアの設計・開発から製品保証、英語・日本語のバイリンガルな環境で広範なアウトソーシングサービス 。メディカル事業は、医療のIT化を通じて「医療の質の向上」と「医療経営の安定」の実現をサポート。フィリピンで新卒エンジニアの教育期間を1年から半年に短縮成功。

業種名    情報・通信業

設立年    2005.12

時価総額   359億円

市場     東証1部

従業員数   連1,011名(39.3歳)

平均年収   659万円

事業内容

注目ポイント

・グローバル事業とメディカル事業でIT開発やITソリューションを提供



・金融公共領域では、ストック型ビジネスをFY2019からFY2022で約2倍を狙う



・自動車領域では、モデルベース開発やテスト自動化ツール開発などの成長を目指す



・メディカル事業では、Mightyシリーズの導入が進む



・新サービスの「SonaM」により医療のデジタル化を推進

引用元:UBICOMホールディングス決算説明資料

事業内容は、IT人材、ITシステムの提供。メディカル事業は、利益率高い。

業績 (単位:百万円)

業績や損益の中身をチェック!!

売上、利益ともに好調。

PL:損益計算書

引用元:UBICOMホールディングス決算短信

・売上増加に伴い、営業利益率15.8%⇒17.5%に増加

財務 (単位:百万円)

資産や負債など財務状況をチェック!!

総資産     4,119

自己資本    2,497

自己資本比率  60.6%

資本金     768

利益剰余金(過去の利益貯蓄等)  1,149

有利子負債  105

自己資本比率高く、有利子負債ないため健全な企業と言える。

B/S:連結貸借対照表(単位:百万円)

・総資産 7億増加

資産の部

引用元:UBICOMホールディングス決算短信

・流動資産 6億増加

負債・純資産の部

引用元:UBICOMホールディングス決算短信

・流動負債の増加大きく、負債合計 1億7千万増加
・利益剰余金 4億7千万増加

CF:キャッシュフロー(単位:百万円)

引用元:UBICOMホールディングス決算短信

・投資CFは、投資有価証券の取得が主

各種データ

株価や各種指標をチェック!!
(記事投稿時の数値を掲載しています。)

株価(直近2年)

引用元:Yahoo!ファイナンス

各種指標

PER(株価/1株当たりの純利益)    86.3倍

PBR(株価/1株当たりの自己資本)   20.9倍

ROE (自己資本経常利益率:10%以上で優良)   27.3%

ROA (総資産当期利益率:6%以上で優良)    20.8%

配当利回り      0.13%

業種平均

引用元:https://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/misc/04.html

株価は2年前から3倍以上。稼ぐ能力高いが、PERやPBRも平均よりかなり高い。

有望企業たる所以(ゆえん)

最後に私が思う有望な点を紹介!!

自動車領域では電子制御の役割が増加しており、テスト自動化などIT領域での需要が大きくなっていると考えられる。また、病院でのデジタル化はまだまだ発展途上と言えるため、今後も需要高いと考えられる。

まとめ

【概要】
事業内容は、IT人材、ITシステムの提供。メディカル事業は、利益率高い。

【業績】
売上、利益ともに好調。

《PL:損益計算書》
・売上増加に伴い、営業利益率15.8%⇒17.5%に増加

【財務】
自己資本比率高く、有利子負債ないため健全な企業と言える。

《B/S:賃借対照表》
・総資産 7億増加

《CF:キャッシュフロー》
・投資CFは、投資有価証券の取得が主

【各種データ】
株価は2年前から3倍以上。稼ぐ能力高いが、PERやPBRも平均よりかなり高い。

【有望企業たる所以(ゆえん)】
自動車領域では電子制御の役割が増加しており、テスト自動化などIT領域での需要が大きくなっていると考えられる。また、病院でのデジタル化はまだまだ発展途上と言えるため、今後も需要高いと考えられる。

コメント