スポンサーリンク
.2020企業紹介 03月 化学

【配線等メッキ薬品大手】 4975 JCU

https://www.jcu-i.com/

企業HP
私たちは、創業以来、装飾・防錆めっき技術から発展した様々な表面処理技術の提供で、自動車、エレクトロニクスなどの産業の成長を支えてきました。これからも、長年培った知見と研究・開発力で、新たな表面処理技術を追究し、ものづくりを支え、世界中の人々の豊かな生活に貢献します。
スポンサーリンク

会社概要

はじめに、会社の概要や事業内容を紹介!!

メッキ薬品大手で自動車、電子部品向けに強み。5G拡大による基地局、データセンターおよび高機能電子デバイスのプリント基板、半導体パッケージ基板の需要増加が追い風。

業種名    化学

設立年    1968.4

時価総額   1,060億円

市場     東証1部

従業員数   連562名 単254名(42.7歳)

平均年収   777万円

事業内容

注目ポイント

・主な顧客は、メッキ加工会社と自動車部品メーカーや基盤メーカー



・薬品事業は基幹薬品と電子薬品に分けられる



・国内の需要は基幹薬品、電子薬品ともに横ばい



・海外は電子薬品の売上が増加傾向



・20年3月期は、装置事業が大幅減少

引用元:JCU決算説明資料

薬品事業が柱で利益率高い。海外比率高く、成長市場である。

業績 (単位:百万円)

業績や損益の中身をチェック!!

売上、利益ともに減少。21年3月期も横ばいの業績が予想される。

PL:損益計算書

引用元:JCU決算短信

・売上減少したが、営業利益率28.4%⇒28.2%で変化なし

財務 (単位:百万円)

資産や負債など財務状況をチェック!!

総資産     31,646

自己資本    25,630

自己資本比率  81.0%

資本金     1,235

利益剰余金(過去の利益貯蓄等)  27,200

有利子負債  1,520

自己資本比率高く、有利子負債少ないため健全な企業と言える。

B/S:連結貸借対照表(単位:百万円)

・総資産 9億増加

資産の部

引用元:JCU決算短信

・建物及び構築物の増加大きく、有形固定資産 12億増加

負債・純資産の部

引用元:JCU決算短信

・流動負債増加したが、固定負債減少し 負債合計微増
・利益剰余金 32億増加
・自己株式の取得により 20億支出

CF:キャッシュフロー(単位:百万円)

引用元:JCU決算短信

・投資CFは、定期預金と有形固定資産の取得が主

各種データ

株価や各種指標をチェック!!
(記事投稿時の数値を掲載しています。)

株価(直近2年)

引用元:Yahoo!ファイナンス

各種指標

PER(株価/1株当たりの純利益)    24.2倍

PBR(株価/1株当たりの自己資本)   4.17倍

ROE (自己資本経常利益率:10%以上で優良)   17.7%

ROA (総資産当期利益率:6%以上で優良)    19.1%

配当利回り      1.22%

業種平均

引用元:https://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/misc/04.html

株価は2年前から2倍以上。稼ぐ能力高いが、PER、PBRも平均より高い。

有望企業たる所以(ゆえん)

最後に私が思う有望な点を紹介!!

5G、自動車関連での基板配線へのメッキ需要は増加を続けると考えられる。海外比率高く、成長を続ける市場が追い風になると言える。

まとめ

【概要】
薬品事業が柱で利益率高い。海外比率高く、成長市場である。

【業績】
売上、利益ともに減少。21年3月期も横ばいの業績が予想される。

《PL:損益計算書》
・売上減少したが、営業利益率28.4%⇒28.2%で変化なし

【財務】
自己資本比率高く、有利子負債少ないため健全な企業と言える。

《B/S:賃借対照表》
・総資産 9億増加

《CF:キャッシュフロー》
・投資CFは、定期預金と有形固定資産の取得が主

【各種データ】
株価は2年前から2倍以上。稼ぐ能力高いが、PER、PBRも平均より高い。

【有望企業たる所以(ゆえん)】
5G、自動車関連での基板配線へのメッキ需要は増加を続けると考えられる。海外比率高く、成長を続ける市場が追い風になると言える。

コメント