スポンサーリンク
.2020企業紹介 11月 情報・通信業

【組み込みソフトの品質改善】4394 エクスモーション

https://www.corporate.exmotion.co.jp/

企業HP
第4次産業革命を迎えた今、製品の機能や価値の源泉はハードウェアからソフトウェアに大きくシフトしています。今こそ「ものづくり=ソフトウェア作り」への転換が急務であり、ここを乗り切れるかどうかが、今後の日本産業界の大きな分岐点といっても過言ではありません。
スポンサーリンク

会社概要

はじめに、会社の概要や事業内容を紹介!!

組み込みソフトの品質改善に特化したコンサル会社。自動運転等で需要増加。自動車業界向けが柱だが、非自動車業界向けにも注力。過去のコンサル事例をデータベース化した課題解決ツールは法人用、個人用ともにサブスクで21年1月外販開始。

業種名    情報・通信業

設立年    2008.9

時価総額   38億円

市場     東証マザーズ

従業員数   64名(40.5歳)

平均年収   773万円

事業内容

注目ポイント

・事業モデルは、組込みソフトの設計技術に特化した支援



・自動車分野が主な得意先



・コネクテッドカーに関するサービスを誰でも開発できる環境を構築中



・エンジニアの課題解決をサポートする「Eureka Box」を開始

引用元:エクスモーション決算説明資料(2020)

コンサルティングが事業のすべて。リモートワークやCASEなど環境の変化に応じたサービスを構築。

業績 (単位:百万円)

業績や損益の中身をチェック!!

コロナウイルスによる影響で減益。来季は回復見込み。

PL:損益計算書

引用元:エクスモーション決算短信(2020)

・売上高減少/販管費増加により、営業利益率19.1%⇒10.1%に減少

財務 (単位:百万円)

資産や負債など財務状況をチェック!!

総資産     1,511

自己資本    1,433

自己資本比率  94.8%

資本金     445

利益剰余金(過去の利益貯蓄等)  552

有利子負債  0

自己資本比率高く、有利子負債ないため健全な企業と言える

B/S:連結貸借対照表(単位:百万円)

・総資産に大きな変化なし

資産の部

引用元:エクスモーション決算短信(2020)

・大きな変化なし

負債・純資産の部

引用元:エクスモーション決算短信(2020)

・大きな変化なし

CF:キャッシュフロー(単位:百万円)

引用元:エクスモーション決算短信(2020)

・2年連続株式を発行

各種データ

株価や各種指標をチェック!!
(記事投稿時の数値を掲載しています。)

株価(直近2年)

引用元:Yahoo!ファイナンス

各種指標

PER(株価/1株当たりの純利益)    59.0倍

PBR(株価/1株当たりの自己資本)   2.89倍

ROE (自己資本経常利益率:10%以上で優良)   4.3%

ROA (総資産当期利益率:6%以上で優良)    4.1%

配当利回り      1.05%

業種平均

引用元:https://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/misc/04.html

株価は2年前から20%程度低下。コロナによりROE/ROAの指標悪い。

有望企業たる所以(ゆえん)

最後に私が思う有望な点を紹介!!

自動運転等で組込みソフトが複雑化しており、高い設計技術が求められている。また、リモートワークやCASEなど時代の変化に対応した動きをとっている。

まとめ

【概要】
コンサルティングが事業のすべて。リモートワークやCASEなど環境の変化に応じたサービスを構築。

【業績】
コロナウイルスによる影響で減益。来季は回復見込み。

《PL:損益計算書》
・売上高減少/販管費増加により、営業利益率19.1%⇒10.1%に減少

【財務】
自己資本比率高く、有利子負債ないため健全な企業と言える。

《B/S:賃借対照表》
・総資産に大きな変化なし

《CF:キャッシュフロー》
・2年連続株式を発行

【各種データ】
株価は2年前から20%程度低下。コロナによりROE/ROAの指標悪い。

【有望企業たる所以(ゆえん)】
自動運転等で組込みソフトが複雑化しており、高い設計技術が求められている。リモートワークやCASEなど時代の変化に対応した動きをとっている。

コメント