2020企業紹介 サービス業

【障害者への職業訓練】6556 ウェルビー

https://www.welbe.co.jp/

企業HP
わが社では、障害者の方の就職を支援するだけでなく、職場への定着率を上げるべく、きめ細かいアフターフォローを行っております。更に幼少期からの早期療育活動が二次障害の予防に効果的で、かつ将来の就職や職場定着率に寄与していくと考えられることから、児童に対する療育事業にも注力をしております。

会社概要

はじめに、会社の概要や事業内容を紹介!!

就労希望障害者への職業訓練や求職活動・職場定着支援が柱。18歳以上65歳未満の障碍や難病を持つ人が対象。障害児の発達支援行う療育事業も行っており、20年2月に株式会社アイリスをを子会社化。

業種名    サービス業

設立年    2011.12

時価総額   456億円

市場     東証マザーズ

従業員数   連823名 単763名(37.4歳)

平均年収   394万円

事業内容

注目ポイント

・障碍者支援は、未就学児から大人まで対象が広い



・市町村が利用者の金銭的負担を軽減



・19年度から定着支援事業所を併設しサポートを強化



・障害者の法定雇用率引き上げにより、障害者雇用は増加傾向

引用元:ウェルビー決算説明資料

事業の柱は、78%を占める就労移行支援。(株)アイリスを子会社化し、療育事業も強化。

業績 (単位:百万円)

業績や損益の中身をチェック!!

売上、利益ともに好調。20年度より連結決算に移行。

PL:損益計算書

引用元:ウェルビー決算短信

・営業利益率25.5%と高い

財務 (単位:百万円)

資産や負債など財務状況をチェック!!

総資産     4,323

自己資本    3,705

自己資本比率  85.7%

資本金     335

利益剰余金(過去の利益貯蓄等)  3,037

有利子負債  147

自己資本比率高く、有利子負債少ないため健全な企業と言える。

B/S:連結貸借対照表(単位:百万円)

・純資産の割合高い

資産の部

引用元:ウェルビー決算短信

・流動資産の割合高い

負債・純資産の部

引用元:ウェルビー決算短信

・利益剰余金の割合高い

CF:キャッシュフロー(単位:百万円)

引用元:ウェルビー決算短信

・投資CFは、有形固定資産の割合高い
・子会社株式の取得で、9千万使用

各種データ

株価や各種指標をチェック!!
(記事投稿時の数値を掲載しています。)

株価(直近2年)

引用元:Yahoo!ファイナンス

各種指標

PER(株価/1株当たりの純利益)    42.2倍

PBR(株価/1株当たりの自己資本)   14.3倍

ROE (自己資本経常利益率:10%以上で優良)   39.0%

ROA (総資産当期利益率:6%以上で優良)    42.7%

配当利回り      0.49%

業種平均

引用元:https://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/misc/04.html

株価は2年前と同額付近。稼ぐ能力高く、PBRはかなり高い。

有望企業たる所以(ゆえん)

最後に私が思う有望な点を紹介!!

障害者雇用の拡大に伴い、業績拡大傾向。高校生以下を対象とした療育事業にも注力しており、就労支援事業に直結した事業だと言える。

まとめ

【概要】
事業の柱は、78%を占める就労移行支援。(株)アイリスを子会社化し、療育事業も強化。

【業績】
売上、利益ともに好調。20年度より連結決算に移行。

《PL:損益計算書》
・営業利益率25.5%と高い

【財務】
自己資本比率高く、有利子負債少ないため健全な企業と言える。

《B/S:賃借対照表》
・純資産の割合高い

《CF:キャッシュフロー》
・投資CFは、有形固定資産の割合高い
・子会社株式の取得で、9千万使用


【各種データ】
株価は2年前と同額付近。稼ぐ能力高く、PBRはかなり高い。

【有望企業たる所以(ゆえん)】
障害者雇用の拡大に伴い、業績拡大傾向。高校生以下を対象とした療育事業にも注力しており、就労支援事業に直結した事業だと言える。

コメント