2020企業紹介 卸売業

【オフィス環境改善】3562 No.1

https://www.number-1.co.jp/

企業HP
当社は、「日本の会社を元気にする一番の力へ。」という経営理念を掲げ、全国400万社ある中小零細企業の様々なニーズ、経営上のお悩み、問題や課題に対し、トータルビジネスパートナーとしてお客様を支え、日本経済を活性化させる原動力になることを中長期的なビジョンとし、活動しております。

会社概要

はじめに、会社の概要や事業内容を紹介!!

OA機器、自社企画のセキュリティ商品販売や保守・メンテが柱。顧客の8割以上が、従業員数10人以下の小規模企業。

業種名    卸売業

設立年    1989.9

時価総額   75億円

市場     JASDAQ

従業員数   連521名 単521名(33.7歳)

平均年収   454万円

事業内容

注目ポイント

・顧客の33%が建設業



・ワンストップサービスで様々なサービスを提供



・新ITサポートサービスを開始し、ストック型ビジネスを強化



・顧客の問い合わせ対応を強化するため、コールセンター機能を強化



・社内での生産性向上のためシステム投資も実施

引用元:シルバーライフ決算説明資料



・対象企業は大多数

引用元:No.1決算説明資料

オフィスコンサルタントが事業の柱。新規顧客獲得とサポート強化を進めていく。

業績 (単位:百万円)

業績や損益の中身をチェック!!

売上、利益ともに好調。コロナ禍が追い風。

PL:損益計算書

引用元:No.1決算短信

営業利益率4.0%⇒4.0%で変化なし

財務 (単位:百万円)

資産や負債など財務状況をチェック!!

総資産     3,267

自己資本    1,893

自己資本比率  57.9%

資本金     521

利益剰余金(過去の利益貯蓄等)  861

有利子負債  80

自己資本比率高く、有利子負債少ないため健全な企業と言える。

B/S:連結貸借対照表(単位:百万円)

・総資産 1億減少

資産の部

引用元:No.1決算短信

・流動資産 2億減少

負債・純資産の部

引用元:No.1決算短信

・負債合計 2億減少
・利益剰余金 1億7千万増加

CF:キャッシュフロー(単位:百万円)

引用元:No.1決算短信

・投資CFは利益に対し比率高く、なかでも有形固定資産の支出大きい
・財務CFは、借入金の返済によりマイナス

各種データ

株価や各種指標をチェック!!
(記事投稿時の数値を掲載しています。)

株価(直近2年)

引用元:Yahoo!ファイナンス

各種指標

PER(株価/1株当たりの純利益)    40.2倍

PBR(株価/1株当たりの自己資本)   5.36倍

ROE (自己資本経常利益率:10%以上で優良)   13.8%

ROA (総資産当期利益率:6%以上で優良)    9.8%

配当利回り      0.86%

業種平均

引用元:https://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/misc/04.html

株価は2年前から3倍以上。稼ぐ能力高く、PRE、PBRは、平均より高い。

有望企業たる所以(ゆえん)

最後に私が思う有望な点を紹介!!

小規模企業をターゲットにした業務改善サポートは、需要高くマーケットも広いと言える。労働人口減少により、小規模企業も業務の質を高める必要性が高いと考えられる。

まとめ

【概要】
オフィスコンサルタントが事業の柱。新規顧客獲得とサポート強化を進めていく。

【業績】
売上、利益ともに好調。コロナ禍が追い風。

《PL:損益計算書》
営業利益率4.0%⇒4.0%で変化なし

【財務】
自己資本比率高く、有利子負債少ないため健全な企業と言える。

《B/S:賃借対照表》
・総資産 1億減少

《CF:キャッシュフロー》
・投資CFは利益に対し比率高く、なかでも有形固定資産の支出大きい
・財務CFは、借入金の返済によりマイナス


【各種データ】
株価は2年前から3倍以上。稼ぐ能力高く、PRE、PBRは、平均より高い。

【有望企業たる所以(ゆえん)】
小規模企業をターゲットにした業務改善サポートは、需要高くマーケットも広いと言える。労働人口減少により、小規模企業も業務の質を高める必要性が高いと考えられる。

コメント