スポンサーリンク
.2021決算企業紹介.時価総額300億以下08月決算イチオシサービス業

【物流パレットレンタル】 7065 ユーピーアール

https://www.upr-net.co.jp/

企業HP
わが社はパレチゼーションの普及を目指し、パレットの設計、開発製造、販売、レンタル、リサイクル及び物流コンサルティングを手掛けるトータルパレットマネジメントカンパニーとして、より高い品質、利便性、経済性を他社より優れたシステムと企画力で提供し効率的な物流基盤の整備に貢献する。
スポンサーリンク

会社概要

はじめに、会社の概要や事業内容を紹介!!

物流、製造現場向け箱型荷台(パレット)等をレンタル・販売で業界2位。物流での人材不足を解消するため、国がパレットを使用した輸送を促進。ティッシュペーパ専用サイズ等複数サイズのパレットを保有しており、差別化を図っている。流通量の2割がレンタルパレットになれば市場は約1億枚になり、自社のシェア400万枚から大きく伸びる可能性大。

業種名    サービス業

設立年    1979.3

時価総額   216億円

市場     東証2部

従業員   <21.8>連213名 単184名(39.0歳)[年]729万円

事業内容

・事業内容に変化なし

注目ポイント

・レンタル/アシストスーツ/物流IoT/ICT事業の売り上げ増加

引用元:ユーピーアール決算説明資料(2021)



・6事業部門を3事業に集約



・家庭紙業界や菓子業界において、パレット輸送の議論が本格化



・次世代対応型ビジネスの成長を目指す

物流事業が9割以上を占めている。アシストスーツやICTなど次世代対応型事業の売上増加傾向。

業績 (単位:百万円)

業績や損益の中身をチェック!!

売上増加したが、利益減少。

PL:損益計算書

引用元:ユーピーアール決算短信(2021)

・売上原価率の増加により、営業利益率8.9%⇒4.1%に低下

財務 (単位:百万円)

資産や負債など財務状況をチェック!!

総資産     18,528

自己資本    7,215

自己資本比率  38.8%

資本金     96

利益剰余金(過去の利益貯蓄等)  6,709

有利子負債  8,635

自己資本比率低く、有利子負債多いため改善が必要。

B/S:連結貸借対照表(単位:百万円)

・総資産15億減少したが、負債の減少が主

【資産の部】
・流動資産 9億2千万減少
・レンタル資産の減少大きく、有形固定資産 4億8千万減少

【負債の部】
・流動負債/固定負債ともに減少し、負債合計 19億減少

【純資産の部】
・利益剰余金 4億6千万増加

・自己株式の取得により、3億3千万の支出

CF:キャッシュフロー(単位:百万円)

引用元:ユーピーアール決算短信(2021)

・投資CFは、有形固定資産の取得が主

各種データ

株価や各種指標をチェック!!
(記事投稿時の数値を掲載しています。)

株価(直近2年)

引用元:Yahoo!ファイナンス

各種指標

PER(株価/1株当たりの純利益)    22.8倍

PBR(株価/1株当たりの自己資本)   1.79倍

配当利回り      0.77%

ROE (自己資本当期純利益率:10%以上で優良)   8.1%

ROA (総資産経常利益率:6%以上で優良)    4.4%

業種平均

引用元:https://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/misc/04.html

・株価は2年前から約30%低下
・稼ぐ能力ものたりなく、PBRは平均より高い

有望企業たる所以(ゆえん)

最後に私が思う有望な点を紹介!!

物流では人手不足が大きく影響することから、効率化のニーズ高い。IoT化や、アシストスーツの活用は今後も重要になってくると考えられる。

まとめ

【概要】
物流事業が9割以上を占めている。アシストスーツやICTなど次世代対応型事業の売上増加傾向。

【業績】
売上増加したが、利益減少。

《PL:損益計算書》
・売上原価率の増加により、営業利益率8.9%⇒4.1%に低下

【財務】
自己資本比率低く、有利子負債多いため改善が必要。

《B/S:賃借対照表》
・総資産15億減少したが、負債の減少が主

《CF:キャッシュフロー》
・投資CFは、有形固定資産の取得が主

【各種データ】
・株価は2年前から約30%低下
・稼ぐ能力ものたりなく、PBRは平均より高い


【有望企業たる所以(ゆえん)】
物流では人手不足が大きく影響することから、効率化のニーズ高い。IoT化や、アシストスーツの活用は今後も重要になってくると考えられる。

コメント