スポンサーリンク
本の紹介

【本の紹介】金持ち父さん 貧乏父さん(ロバート・キヨサキ)


楽天)改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学

Amazon)改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)
スポンサーリンク

本を紹介する理由

皆さんは資産と呼べるものを持っていますか?
よく「一軒家は資産ではない」という話を聞くことがあると思いますが、私はこの本を読むまでは、一軒家は資産とは呼べないかもしれないが、賃貸を借りているのと同じだから損をしているわけではないと思っていました。
しかし、本屋でこの本をぱらぱらと読んでみると、私の考えとは違うことが書いてあり、しかもその内容が納得できる内容だったのです。

またこの本では、いい学校に行って、給料が高く安定した職につくことは、愚かなことだと言っています。その意味もこの本を読めばわかるはずです。

私は、全ページを読み終えた後にもう少し早くこの本に出会っていればと思ったのです。なぜなら、去年すでに一軒家を買ってしまったからです。皆さんには、できるだけ早くこの本を知ってもらいたいので紹介します!!

著者について

著者は「ロバート・キヨサキ」という方です。
個人ファイナンス関連書籍を複数出版しており、お金に対する考え方を提案しています。

本の構成

はじめに
・金持ち父さんと貧乏父さん

教えの書
金持ち父さん6つの教え
・第1の教え:金持ちはお金のためには働かない
・第2の教え:お金の流れの読み方を学ぶ
・第3の教え:自分のビジネスを持つ
・第4の教え:会社を作って節税する
・第5の教え:金持ちはお金を作り出す
・第6の教え:お金のためでなく学ぶために働く

実践の書
・実践その1:まず5つの障害を乗り越えよう
・実践その2:スタートを切るための10のステップ
・実践その3:具体的な行動を始めるためのヒント

おわりに
・経済的自由を手に入れるには
・今すぐ行動しよう!

本の見どころ

この本には、金持ち父さんと貧乏父さんの対照的な二人が描かれています。ただし、イメージと違うのは、貧乏父さんは給料の安い仕事についているわけではなく、いい学校を卒業して公務員に就職し、それなりの給料をもらっていることです。また、金持ち父さんも最初から莫大な資産をもっていたわけではなく、徐々に資産を築いていきました

金持ち父さん第1の教えが「金持ちはお金のために働かない」という内容ですが、私は最初、働かないと一生お金持ちにはなれないじゃないか!と思いましたし、皆さんも思うと思います。しかし、本の中で出てくる貧乏父さんは、お金のために公務員で一生懸命働いているのにお金持ちと言うには程遠いです。たとえ宝くじで3億当たったとしても、一時的にはお金持ちと呼ばれるかもしれませんが、最終的にはお金持ちではなくなります。

それは、どうしてなのか?

その答えがこの本には書かれています。本を読まないと理解することは難しいと思いますが、非常にわかりやすく説明されており、本を読み終わる頃には自分の過ちに気づかされます

若ければ若いほどこの本を読む価値はあると思います。
なぜなら、これから生きていく年数が長い=資産を増やすチャンスが多いからです。

まとめ

・資産とはどういうものかが理解できる。
・金持ち父さんと貧乏父さんの違いは、行動の違いだけ。生まれ育った環境は関係ない。
・本当のお金持ちの考え方の違いがわかる。


楽天)改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学

Amazon)改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

コメント