スポンサーリンク
.2020決算企業紹介電気機器

【プラズマ用高周波電源】6668 アドテックプラズマテクノロジー

半導体、液晶基板製造工程において使用される製造装置に搭載するプラズマ用高周波電源等の設計・製造・販売が柱。プラズマを使用した特許技術により、創傷治療装置を開発。骨髄炎へのバイオフィルム治療のためのガスプラズマ研究も開始。

https://www.adtec-rf.co.jp/

企業HP
「高周波技術」と「プラズマ技術」をキーワードとして、半導体・液晶分野製造装置分野のみならず、医療・環境分野など、広く一般産業に活用できる新製品の開発を積極的に進める所存であります。
スポンサーリンク

会社概要

業種名    電気機器

設立年    1985.1

時価総額   126億円

従業員数   連369名 単156名(平均39.3歳)

平均年収   561万円

引用元:https://www.adtec-rf.co.jp/products/
引用元:アドテックプラズマテクノロジー決算説明資料

半導体、液晶関連が柱だが、プラズマを利用した医療分野の研究開発が成長分野。2019年12月には、ベトナム工場が本格始動し海外売り上げを伸ばしていく。

業績 (単位:百万円)

20年8月期は売上、利益ともに復調予想。AI,IoT,5Gは半導体需要で追い風。

PL:損益計算書

引用元:アドテックプラズマテクノロジー決算短信

・売上大きく減少しているが、販売費及び一般管理費はあまり変動ない

財務 (単位:百万円)

総資産     10,161

自己資本    5,598

自己資本比率  55.1%

資本金     835

利益剰余金(過去の利益貯蓄等)  3,929

有利子負債  3,742

自己資本比率高く、有利子負債も多くないので健全な会社と言える。

B/S:連結貸借対照表(単位:百万円)

・トータル資産 7千万の微増

資産

引用元:アドテックプラズマテクノロジー決算短信

・建設仮勘定で 2億4千万計上

負債・純資産

引用元:アドテックプラズマテクノロジー決算短信

・負債合計 1億6千万減少
・利益剰余金 2億7千万増加

CF:キャッシュフロー(単位:百万円)

引用元:アドテックプラズマテクノロジー決算短信

・長期借入金10億借り入れし、有形固定資産への投資約3億に回している

各種指標

記事投稿時の数値を掲載しています。

PER(株価/1株当たりの純利益)    33.8倍

PBR(株価/1株当たりの自己資本)   2.19倍

ROE (自己資本経常利益率:10%以上で優良)   6.6%

ROA (総資産当期利益率:6%以上で優良)    5.3%

配当利回り      0.58%

一人当たり総利益   602万円

業種平均

引用元:https://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/misc/04.html

稼ぐ能力物足りないが、20年8月期は改善予想。PER,PBRは業界平均より高い。

まとめ

【概要】
半導体、液晶関連が柱だが、プラズマを利用した医療分野の研究開発が成長分野。2019年12月には、ベトナム工場が本格始動し海外売り上げを伸ばしていく。

【業績】
20年8月期は売上、利益ともに復調予想。AI,IoT,5Gは半導体需要で追い風。
(PL)
・売上大きく減少しているが、販売費及び一般管理費はあまり変動ない

【財務】
自己資本比率高く、有利子負債も多くないので健全な会社と言える。
(B/S)
・トータル資産 7千万の微増

(CF)
・長期借入金10億借り入れし、有形固定資産への投資約3億に回している

【各種指標】
稼ぐ能力物足りないが、20年8月期は改善予想。PER,PBRは業界平均より高い。

コメント