スポンサーリンク
.2020決算企業紹介イチオシ情報・通信業

【WEBセキュリティ】4493 サイバーセキュリティクラウド

2020年3月に上場したばかり。AI 技術を活用したサイバーセキュリティサービスの開発・提供しており、Webアプリケーション層のサイバー攻撃をブロック(WAF)。「クラウド型WAFサービス」に関する市場調査で2019年に国内1位を獲得。

https://www.cscloud.co.jp/

企業HP
「世界中の人々が安心安全に使えるサイバー空間を創造する」この理念を掲げ、サイバーセキュリティクラウドでは、世界有数のサイバー脅威インテリジェンスとAI技術を活用した、WEBアプリケーションのセキュリティサービスを全世界に向けて提供しています。
スポンサーリンク

会社概要

業種名    情報・通信業

設立年    2010.8

時価総額   806億円

従業員数   29人

平均年収   ー万円

引用元:サイバーセキュリティクラウド決算説明資料
引用元:サイバーセキュリティクラウド決算説明資料
引用元:https://www.cscloud.co.jp/

売上の8割以上が「攻撃遮断くん」。ストック型ビジネスの割合高く、安定した売り上げ。

業績 (単位:百万円)

20年12月期は、売上高大きく伸びる予想。人材投資などを進めていくため、利益は横ばい。

PL:損益計算書

引用元:サイバーセキュリティクラウド決算説明資料

・販売費及び一般管理費増加

財務 (単位:百万円)

総資産     735

自己資本    527

自己資本比率  71.7%

資本金     319

利益剰余金(過去の利益貯蓄等)  -102

有利子負債  18

自己資本比率高く、有利子負債少ないため健全な会社と言える。

B/S:連結貸借対照表(単位:百万円)

引用元:サイバーセキュリティクラウド決算説明資料

・トータル資産 2億増加

各種指標

記事投稿時の数値を掲載しています。

PER(株価/1株当たりの純利益)    505倍

PBR(株価/1株当たりの自己資本)   369倍

ROE (自己資本経常利益率:10%以上で優良)   26.7%

ROA (総資産当期利益率:6%以上で優良)    20.8%

配当利回り      ー%

一人当たり総利益   ー万円

業種平均

引用元:https://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/misc/04.html

稼ぐ能力かなり高い。PERは業種平均よりもかなり高く成長への期待が大きい。

まとめ

【概要】
売上の8割以上が「攻撃遮断くん」。ストック型ビジネスの割合高く、安定した売り上げ。

【業績】
20年12月期は、売上高大きく伸びる予想。人材投資などを進めていくため、利益は横ばい。
(PL)
・販売費及び一般管理費増加

【財務】
自己資本比率高く、有利子負債少ないため健全な会社と言える。
(B/S)
・トータル資産 2億増加

【各種指標】
稼ぐ能力かなり高い。PERは業種平均よりもかなり高く成長への期待が大きい。

コメント